潮風ギャラリーでの収録風景(能越ケーブルネット提供)

  サンデーひみ第2回 16日から放送

 氷見市の情報番組「サンデーひみ」第2回が16日から放送され、市潮風ギャラリーから「まんがのまちづくり」を紹介する。市出身の漫画家藤子不二雄Ⓐさん(元富山新聞記者)の複製原画などを展示するギャラリーの様子や、キャラクターモニュメントが点在するまんがロードの魅力を伝える。

 番組ではアシスタントを務めるミス・ワールド2020日本大会準グランプリの山口佳南(かな)さんが館内を巡る。藤子Ⓐさんが青春時代を過ごした「トキワ荘14号」をのぞき、デジタルまんがスクリーンで人気キャラクターと記念撮影などを楽しむ。

 藤子キャラを生かした橋やストリート、電車、バスが走っている様子も紹介。市の担当職員が「藤子Ⓐさん愛」を語る。

 第16回春の全国中学生ハンドボール選手権で優勝した氷見市北部中や、ナポリタンスタジアムで日本一になった麺屋いく蔵も取り上げる。新型コロナワクチン接種情報もある。

 サンデーひみは1時間枠の番組で、能越ケーブルネットの「ひみチャン9」で毎月第3日曜から1週間リピート放送する。時間は午前10時、午後3時、同8時の3回。動画投稿サイト「ユーチューブ」でも発信する。富山新聞社が協力する。

無断転載・複製を禁じます