富山県は14日、新たに新型コロナウイルス感染者14人を確認したと発表した。富山市は同日、県内の遊戯施設で飲食するなどしていた同市と砺波市内の10代男性ら5人の間で感染が広がったとみて、新たなクラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。

 新たに感染が確認されたのは、富山、高岡、南砺、入善の各市町に在住する10代~50代の男性10人、女性4人。県内の累計は1465人(うち変異株316人)となった。

 14日午前10時現在、県内で入院中の患者は88人で、うち重症者は5人となっている。

無断転載・複製を禁じます