クマが駆除された際に登っていた中庭の木=12日午前10時20分、高岡高

校門前で警戒する高岡署員=12日午前8時2分、高岡高

高岡高の中庭に侵入し、木に登るクマ=12日午前8時10分(高岡市有害鳥獣捕獲隊提供の動画より)

 12日朝、高岡市中川園町の高岡高の敷地内にクマ1頭が侵入した。中庭の木に登っていたところを午前8時18分、高岡市の有害鳥獣捕獲隊が銃で駆除した。既に登校していた生徒約30人は近くの高岡古城公園に避難し、教員を含めてけがはなかった。市中心部に立地する同高の周辺には住宅街や学校、JR氷見線の越中中川駅があり、通勤・通学時間帯のクマ出没に「まさかこんな街中に出るとは」と一時騒然となった。

 高岡署によると、12日午前5時半から6時ごろにかけて、高岡高の北から東に位置する能町東や野村などの住宅地4カ所でクマ1頭を目撃したとの情報が寄せられ、警戒に当たっていた。午前6時10分には同高校舎内にいた警備員が敷地内を歩いているクマを発見し、同署に通報した。

 同署員に加え、午前7時15分ごろに有害鳥獣捕獲隊3人と市職員が同高に駆け付けた際、クマは中庭の藤棚に寝そべったり、複数の木に登ったりするなど動き回っていたという。

 高岡署は、高岡高周辺の市街地に逃げ出すと発砲できないため、敷地内で駆除すべきと判断。クマが別の木に再び登ったところを、同署の命令を受けた捕獲隊員が校舎3階の窓から銃を1発撃ち、駆除した。クマは雄のツキノワグマで、体長1メートルの成獣だった。

  高岡高は休校、工芸高授業遅らせ

 同署はクマを発見後、ただちに周辺の住民に注意を呼び掛けた。高岡高では校舎内にいた生徒を急きょ、同校向かいの県高岡文化ホールに避難させ、その後、500メートル離れた高岡古城公園まで移動した。同高は12日を休校とした。

 同高から200メートルの距離にある高岡工芸高では生徒に一時、自宅待機するよう連絡し、授業開始を2時間遅らせる措置を取った。近隣の志貴野中では教職員が学校周辺の通学路に立ち、登校中の生徒の安全確保に努めた。同中は1限目の体育の授業をグラウンドではなく体育館に場所を変えて行った。

 高岡龍谷高も生徒や保護者にクマ出没情報をメールや電話で通知し、授業開始を30分遅らせた。

 石川県内では、昨年10月29日に小松市の小松商高でクマが敷地内に侵入し、銃で駆除されている。

  通学時間帯、生徒「怖い」

 高岡高から近隣の高岡古城公園に一時避難した生徒からは、登校時間帯のクマの思わぬ出没に驚きと不安の声が上がった。

 「慌てて自転車で逃げてきた。クマと鉢合わせしていたらと思うと怖い」。1年の野村優介さん(15)はこう話し、顔をこわばらせた。1年の上野茉子(まこ)さん(16)は「公園にいても危険かもしれない。中間テストが近いのでなるべく気持ちを落ち着かせたい」と述べた。

 3年の西野龍太朗さん(17)は射水市からあいの風とやま鉄道を利用して登校しており、「休校になったが、電車のダイヤが合わずに帰るに帰れない」と困った様子で話した。

無断転載・複製を禁じます