文化庁は11日、緊急事態宣言を受けて臨時休館している東京都内の国立の美術館や博物館について、12日の再開予定を見送る方針を決めた。当初11日までとしていた宣言期間が延長となり、都の休館継続要請に応じた。

 対象は東京国立近代美術館、国立新美術館、国立映画アーカイブ、東京国立博物館、国立科学博物館の5施設。いずれも文化庁所管の独立行政法人が運営し、12日からの再開を10日に発表した。都から10日夜に文書で要請があり、11日に同庁と都が協議して決めた。

無断転載・複製を禁じます