自民党の上月良祐元農水政務官(参院茨城選挙区)が、2019年の参院選時に個人の選挙運動費用収支報告書に計上していた電話架設料や印刷代の3件計21万円超を、自身が代表を務める関連2団体の支出としても計上していたことが11日、分かった。政治資金規正法などに抵触する可能性があるが、事務所担当者は「誤って二重計上した。訂正したい」とコメントした。

 日本大大学院の岩井奉信講師(政治学)は「選挙運動には公金による補助も出されることから透明性が求められる。二重計上は収支報告書自体の信頼を損ねる行為だ。支出が実際にはどう使われたのかなどを説明する責任がある」と話した。

無断転載・複製を禁じます