砺波市栴檀野地区の「せんだん野 地場産農産物直売所」は5日、同市福岡の旧JAとなみ野栴檀野支店跡で今シーズンの営業を開始し、地元住民が旬の野菜を買い求めた。

 会場には新鮮なタケノコやヤマウド、ワラビなどがそろい、午前9時の開店前から新型コロナウイルスを考慮し、間隔を空けて並ぶ住民らの姿が見られた。

 直売所は12月中旬までの毎週水曜に営業する。直売所が加入する市農産物直売所連絡協議会は2019年の県農村文化賞を受賞した。青山義雄会長(74)は「直売所を知る人も増えてきた。栴檀野の採れたての野菜を多くの人に知ってほしい」と話した。
〔写説〕
野菜を買い求める来場者‖砺波市福岡の旧JAとなみ野栴檀野支店跡

無断転載・複製を禁じます