竹細工の楽器で演奏する参加者=高岡市の旧西広谷小体育館

 高岡市を拠点に活動するグループ「高岡忍者」のイベント「忍たまデー」は5日、同市の旧西広谷小体育館で開かれ、家族連れ約30人が竹の楽器づくりを楽しんだ。

 参加者は忍者姿の八田一弥代表らに教わりながら竹とストローを組み合わせた笛、空き缶の太鼓などを作った。完成した楽器にピアノとバイオリンの伴奏を加え、「パプリカ」を演奏した。同市西広谷の忍者屋敷で釜飯とみそ汁を味わった。

無断転載・複製を禁じます