Netflixで世界独占配信されるお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次の『クリエイターズ・ファイル GOLD』の開始日が6月3日に決定。全8話、超“ゴールド”なゲスト出演者、本人コメントとともに発表された。

【写真】今回登場する8人のクリエーター

 2015年から始まった、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が様々なクリエイターに扮する「クリエイターズ・ファイル」。絶妙なクリエイター選びと何故か本物に思えてくるせりふや仕草、そして謎のプロフェッショナル感が話題となり、人気が沸騰。クリエイターの総数は、現在までで70人以上。オフィシャルYouTubeチャンネルの登録者数は60万人を目前にし、総再生回数は1億3000万回を超える。

 そんな天才クリエーター秋山竜次の存在を世界最大手のNetflixが見逃すはずがなかった。Netflixオリジナルシリーズ『クリエイターズ・ファイル GOLD』として配信されるのは、全8話。まさに“GOLD”に相応しいゲスト出演者を迎え、新たなステージを見せてくれる。

 伝説のホテルマン・折尾豊の回では、俳優の横浜流星が7つ星ホテルの利用客として登場し、折尾のホスピタリティを堪能する。「秋山さんに折尾というキャラクターが憑依していて笑いを堪えるのに必死でしたし、予想外なことが多々起きて、刺激的な撮影でした。新たなキャラクターでとても面白いので皆さん楽しみにしていて下さい!」(横浜)

 天才子役の上杉みちでは、元天才子役の安達祐実がドラマ「ママのドアtoドア」で共演し、みちくんの天才ぶりを語る。「劇団えんきんほうのみちくんを目の当たりにできたことは一生の思い出です」(安達)

 ファッションデザイナーのYOKO FUCHIGAMIでは、トップモデルの冨永愛がYOKOの対談相手を務め、パリコレNo.1モデルのダルタニアンはもちろん、さらにパリ三美神のモデルとしてシークレットゲストが登場。「今回、初めてコメディーに挑戦させていただきました。収録中はただひたすらに楽しくて可笑しくて! 素敵な機会をいただけてうれしいです」(冨永)

 透明すぎて目視できない清純派女優・藤原采の回では、女優・永野芽郁が共演。仲良し2人旅へ。「妙にリアルに進む会話と時間の流れに心の中でずっとニヤニヤしていました(笑)。初めてのクリエイターズ・ファイルでしたが、秋山さんを中心に和やかな現場が居心地良すぎてただただ楽しめました(笑)」(永野)

 歌姫の周りに群れていて何をしているかわからない人々、通称「取り巻き」の会社を作った「TORIMAKIサービス」の代表・白木善次郎では、きゃりーぱみゅぱみゅ、八代亜紀が共演しTORIMAKIサービスを日頃から、利用している姿が映される。「秋山さんが面白すぎたおかげで、リラックスして撮影をすることができました」(きゃりーぱみゅぱみゅ)、「撮影の時、私をしっかりと取り巻いてくれたので、白木善次郎の愛情を感じました」(八代)

 劇団「新葡萄」の演出家・津山紀文では、中尾彬、池波志乃夫妻が新公演のアンバサダーとして登場し、公演を盛り上げる。「彼は世の中の動きや空気をたっぷりと体内に入れて演じている。そこが彼の武器であり、彼の次を見る目線は魅力的である」(中尾)、「顔も体系もアクが強い人なのに化け方、なりきり方が半端ない…いえいえ長くこの業界にいるから、そういうのはあんまり驚かないだけどレベルが違う…説得力ありすぎて、魅力的すぎて」(池波)

 生誕180年を迎える童謡詩人・石丸ツワノの回には、俳優オダギリジョーが出演。石丸ツワノの半生を描く映画『ツワノの一生』でツワノの夫役を演じることから、オダギリは石丸ツワノ記念館を訪れ、AI石丸ツワノと感動の対面を果たす。「生誕180年を迎える童謡詩人『石丸ツワノ』さん。 今回、僕が水先案内人になることで、彼女の知られざる本性を暴くことが出来たと自負しています。 『石丸ツワノ』とは、歴史に残る偉大な芸術家なのか、あるいは虎の威を借る狐なのか。是非とも貴方の目で判断して欲しいと思います」(オダギリ)

 ハリウッド映画監督ドナルド・C・ダンパーでは、ダンパーの撮る新作映画『BLACK TIGER』にシークレットゲストたちが登場する。

■各話ゲスト一覧
第1話:伝説のホテルマン「折尾豊」 ゲスト: 横浜流星
第2話:天才子役「上杉みち」ゲスト: 安達祐実
第3話:ファッションデザイナー「YOKO FUCHIGAMI」ゲスト: 冨永愛、シークレット
第4話:清純派女優「藤原采」ゲスト: 永野芽郁
第5話:TORIMAKIサービス「TORIMAKI 白木善次郎」 ゲスト: きゃりーぱみゅぱみゅ、八代亜紀
第6話:演出家「津山紀文」ゲスト: 中尾彬、池波志乃
第7話:童謡詩人「石丸ツワノ」ゲスト: オダギリジョー
第8話:ハリウッド映画監督「ドナルド・C・ダンパー」ゲスト:シークレット

■コメント全文
【横浜流星】
 大好きだったクリエイターズ・ファイルに、参加することが出来てとても嬉しく思います。秋山さんに折尾というキャラクターが憑依していて笑いを堪えるのに必死でしたし、予想外なことが多々起きて、刺激的な撮影でした。新たなキャラクターでとても面白いので皆さん楽しみにしていて下さい!

【安達祐実】
 今回、上杉みちくんとの共演を存分に楽しませていただきました! 笑いを堪えて撮影するのは至難の業でしたが、劇団えんきんほうのみちくんを目の当たりにできたことは一生の思い出です! そしてやはり、秋山さんのクリエイターとしての才能に感動と共に圧倒されました。ぜひ、お楽しみください。

【冨永愛】
 今回、初めてコメディーに挑戦させていただきました。収録中はただひたすらに楽しくて可笑しくて! 素敵な機会をいただけてうれしいです。たくさんの方々に見ていただきたいなと思います。

【永野芽郁】
 透明すぎて目視できないと言われる采ちゃんとの2人旅。妙にリアルに進む会話と時間の流れに心の中でずっとニヤニヤしていました(笑)。初めてのクリエイターズ・ファイルでしたが、秋山さんを中心に和やかな現場が居心地良すぎてただただ楽しめました(笑)。完成が待ち遠しいです!!

【きゃりーぱみゅぱみゅ】
 秋山さんが面白すぎたおかげで、リラックスして撮影をすることができました。出来上がった作品を見たときはお腹を抱えて大爆笑してしまいました。クリエイターズ・ファイルは大好きでよく見ていたので、今回出演できてとてもうれしかったです。皆様も楽しんで見て頂けたらうれしいです!

【八代亜紀】
 元々、クリエイターズ・ファイルが大好きだったので、お声がけをいただいたとき、とてもうれしかったです! 撮影の時、私をしっかりと取り巻いてくれたので、白木善次郎の愛情を感じました。クリエイターズ・ファイルが、さらに世界中の人たちに愛されることを、心より願っております。

【中尾彬】
 役者や芸人には二つの世界がある。一つがどんな役を演じてもその人の「素」が見えてしまうタイプ。もう一つが、自分を完全に殺してあらゆる役柄に「変身」できるタイプ。しかし、変身タイプの方が演じる者には圧倒的におもしろい。だがそれ以前におもしろい芸人がいた。秋山竜次だ。彼は世の中の動きや空気をたっぷりと体内に入れて演じている。そこが彼の武器であり、彼の次を見る目線は魅力的である。

【池波志乃】
 まあ、なんたって観察力が凄いわよね~昭和で言えばアンテナを張り巡らしてるっていうか。顔も体系もアクが強い人なのに化け方、なりきり方が半端ない…いえいえ長くこの業界にいるから、そういうのはあんまり驚かないだけどレベルが違う…説得力ありすぎて、魅力的すぎて。そりゃぁねうれしかったわよ~お声がかかって。え! 依存症? 中毒? 洗脳!? やだ~違うわよ、、、

【オダギリジョー】
 生誕180年を迎える童謡詩人『石丸ツワノ』さん。 今回、僕が水先案内人になることで、彼女の知られざる本性を暴くことが出来たと自負しています。 『石丸ツワノ』とは、歴史に残る偉大な芸術家なのか、あるいは虎の威を借る狐なのか。是非とも貴方の目で判断して欲しいと思います。

横浜流星・永野芽郁・安達祐実・オダギリジョーらゴールドなゲスト解禁!『クリエイターズ・ファイル GOLD』

無断転載・複製を禁じます