東京電力福島第1原発の処理水の処分に関し、政府は13日、関係閣僚会議を官邸で開き海洋放出の方針を正式決定した。2年後を目途に原発敷地内から放出に着手。残留する放射性物質トリチウムは濃度が国の基準の40分の1未満になるよう薄める。

無断転載・複製を禁じます