ガイ・リッチー監督の映画『ジェントルメン』(5月7日公開)に、マフィアのボスの右腕レイ役で出演する俳優チャーリー・ハナム。4月10日は彼の41歳の誕生日。これを記念し、ハナム出演シーンの本編映像がWEBで解禁された。コリン・ファレルと繰り広げる、“絶妙にシュールな会話”にニヤニヤ必至なワンシーンだ。

【動画】トランクショットから始まる本編映像

 チャーリー・ハナムといえば、185センチと高身長の筋肉隆々ボディーに甘いマスクを兼ね備えたイギリス出身の俳優で、日本ではギレルモ・デル・トロ監督『パシフィック・リム』(2013年)の主人公ローリー役として知られる。ガイ・リッチー監督の『キング・アーサー』(17年)では主演を務めた。

 コーチ(コリン・ファレル)が怪訝そうに車のトランクを覗き込みながら捕らえた人物を指さし、「こいつがお前たちの大麻農園の情報を流した」とレイ(チャーリー・ハナム)に突き出すトランクショット(車のトランクに詰められた人物の一人称視点ショット)から始まる。

 「ファ・アック?」「そうだ」「前に会ったなファック」「違う」「ファックだろ?」「ファ・アック」と、Fワードに似た名前の発音に苦戦するシュールなやりとりを見せた後、吸入器を求めるファ・アックに対して「1分後に」と冷酷に尋問を進めるレイ。小粋でシニカルなせりふがテンポよく飛び交うガイ・リッチー作品ならではのワンシーンといえる。

 トランクショットは、クエンティン・タランティーノ監督や初期ガイ・リッチー監督作品にも頻出。本作『ジェントルメン』が、海外で「ガイ・リッチーの歓迎すべき原点回帰」「ギャングスタ―・コメディへの凱旋」と評判を呼んでいる所以の一つだ。

映画『ジェントルメン』(5月7日公開)場面写真 (C)2020 Coach Films UK Ltd. All Rights Reserved.

無断転載・複製を禁じます