俳優の松山ケンイチ(36)と東出昌大(33)が10日、新宿バルト9で行われた映画『BLUE/ブルー』公開記念舞台あいさつに登壇した。

【動画】松山ケンイチ、木村文乃との思い出シーン「ふたりの世界になれた」

 男たちがボクシングに取り組む姿が描かれる本作で、松山は「東出くんも(柄本)時生くんもやる人だから。足引っ張んないように頑張りました。試合のシーンも大変な撮影でしたが、みなさん気合い入ってました」と振り返る。

 東出は「役作りでジムに行ったときに、試合を見ながらシャドーをしている方がいらっしゃって。プロの選手かと思ったら松山さんで。もうボクシングジムの住人になっていました」と役へ没頭する松山の姿に驚いていた。

 さらに、舞台あいさつが行われた新宿バルト9は、東出が映画デビューした『桐島、部活やめるってよ』(2012年)でイベントを行った会場であることから「コロナ禍にバルト9の大きなスクリーンでお客さんを前に上映することができ、ありがたい、感慨深い、安心とさまざまな思いがあります」と感無量な様子だった。

 この日は、木村文乃(33)、柄本時生(31)、吉田恵輔監督(45)も登壇した。

 本作は、吉田監督が30年以上続けてきたボクシングを題材に、自ら脚本を書き上げ、成功が約束されていなくとも努力を尽くす挑戦者たちの生き様を描いた青春映画。試合に勝てない主人公・瓜田を松山が担当し、強さと才能を合わせ持つ後輩・小川を東出、モテるために始めたボクシングにのめり込んでいく新人・楢崎を柄本、瓜田の初恋の人でありながら、いまは小川の婚約者という2人の間で揺れる千佳を木村が演じる。

東出昌大が松山ケンイチの役作りに驚き (C)ORICON NewS inc.

無断転載・複製を禁じます