俳優の中川大志と堤真一が10日、都内で行われた映画『砕け散るところを見せてあげる』公開記念舞台あいさつに登壇した。

【動画】中川大志、2年を経ての公開に感極まる!

 本作は、竹宮ゆゆこ氏の同名小説を実写化した常識を覆す、衝撃の愛の物語。どこにでもいる高校生の濱田清澄(中川)は、“学年一の嫌われ者”と呼ばれて孤立していた一年生の蔵本玻璃(石井杏奈)を、いじめの手から救い出そうとする。清澄は玻璃の愛らしさと心の美しさに気づき、玻璃は清澄に感謝と憧れの想いを抱き、2人は心の距離を縮めていく。だが、玻璃には誰にも言えない秘密があり、玻璃を守り抜こうとする清澄にも“恐るべき危険”が迫るというストーリー。

 満員の客席を前に中川は「久しぶりに見る光景で胸がいっぱい」と感動しつつ、映画の撮影は「堤さんに頭を殴られすぎて忘れちゃいました(笑)」とおどけると、堤は「脚本やないか!」とツッコミ会場の笑いを誘った。

 玻璃(石井)の父親役を演じた堤は「撮影のときはしゃべらなかった。話す方なんだけど、邪魔しないように」と若い2人を気遣い。石井は「(映画を)見てくださった方はわかると思いますが、堤さん別人なので…。目の前にいたときは本当に怖かったので、いまはうれしいです」と素の堤と対面できたことを喜んだ。中川も「あのときを思い出すと、いまでも震えますもん」と堤の役での振り幅に驚いていた。

 舞台あいさつにはそのほか、矢田亜希子、SABU監督も登壇した。

堤真一から殴られる役に「思い出すといまでも震える」と明かした中川大志 (C)ORICON NewS inc.

無断転載・複製を禁じます