アリババグループの本社=中国浙江省杭州市(共同)

 【北京共同】中国当局は10日、中国電子商取引(EC)最大手アリババグループに対し、独占禁止法に違反したとして罰金182億元(約3千億円)を科す決定を出した。習近平指導部は昨年からインターネット通販への規制を強めており、中国の独禁法違反での罰金額としては過去最大規模とみられる。巨大IT企業の統制を強化する姿勢が一層鮮明となった。

 国家市場監督管理総局の発表によると、アリババは2015年から市場での独占的地位を乱用し、公平な競争を阻害していた。罰金額は19年の中国での売上高4557億元の4%相当としている。昨年から調査していた。

無断転載・複製を禁じます