新たな生活への期待を膨らませる新入生=富山市芝園小

 県内の公立小中学校と義務教育学校で7日、入学式が行われた。新入生がこれから始まる生活への期待に胸を膨らませ、新たな一歩を踏み出した。

 黒部、南砺市を除く13市町村の小学校と義務教育学校、朝日、入善、黒部、魚津、滑川、上市、氷見、小矢部、砺波の9市町の中学校で行われた。

 99人が入学した富山市芝園小では、國香真紀子校長が「あいさつを元気に、優しさいっぱいで、自分や友達の命を大切にする子になってください」とあいさつした。密にならないよう、在校生は式に参加せず、保護者の入場は1家族2人までとした。

 8日は残る黒部、南砺市の小学校と、6市町村の中学校で入学式が行われる。

無断転載・複製を禁じます