神奈川県山北町で昨年3月、登山をしていた同県秦野市の女性会社員(46)が滑落死した事故で、県警は8日、安全管理を怠ったとして、業務上過失致死容疑でガイド役だった同市の男性(59)を書類送検した。同日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、書類送検容疑は昨年3月21日、丹沢山から下山中の女性を案内する際、事前の計画を変更して危険性が高いコースを通って安全管理を怠り、滑落死させた疑い。

 男性は民間団体が認定する「登山インストラクター」の資格を持っていた。予定よりも遅れていたため危険なコースを通ったと話しているという。

無断転載・複製を禁じます