生まれて3カ月余りとなったジャイアントパンダの赤ちゃん=3日、和歌山県白浜町(アドベンチャーワールド提供) 

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は桃の節句の3日、生まれて3カ月余りとなったジャイアントパンダの雌の赤ちゃんに、ひな祭りのお祝いとして、地元産の木材で飼育スタッフが手作りした遊具を贈った。

 赤ちゃんの名前は、公募で寄せられた結果を基に光浜、咲浜、楓浜の三つに候補を絞った。4日から11日まで、同施設ホームページの特設コーナーで投票を受け付ける。

 贈り物の遊具は、輪切りにしてパンダの顔の形などにした木材を、ロープでつないだもの。施設によると、昨年11月22日の誕生直後に体重157グラムだった赤ちゃんは約5500グラムになっているという。

無断転載・複製を禁じます