巨大迷路で遊ぶ親子連れ=富山市のグランドプラザ

 富山市のグランドプラザに、段ボールを組み立てて仕上げた巨大迷路がお目見えし、家族連れでにぎわっている。

 市民プラザ職員が、冬季に遊び場が少なくなる子どものために毎年設置している。今年は250枚の段ボールで、縦約20メートル、横約8メートルの迷路を作り上げた。

 きょうだいで訪れた佐藤心春ちゃん(5)と康生ちゃん(3)は「迷子になったけど、楽しかった」と笑顔を見せた。

 担当者によると、20、21日の来場者は約1500人に達した。28日まで。

無断転載・複製を禁じます