ニュージーランドのアーダン首相、オーストラリアのモリソン首相(いずれもゲッティ=共同)

 【シドニー共同】オーストラリア政府がニュージーランドとの二重国籍を持つ過激派組織「イスラム国」(IS)のメンバーとみられる女(26)からオーストラリア国籍を剥奪したことが波紋を広げている。ニュージーランドのアーダン首相は16日記者会見し「責任を放棄した」としてオーストラリアを非難した。

 トルコ当局は15日、幼い子ども2人を連れてシリアからトルコに不法入国しようとしたとして女を拘束したと発表した。

 アーダン氏は16日、オーストラリアが最近、女から一方的にオーストラリア国籍を剥奪したことを明らかにし「問題を(ニュージーランドに)転嫁した」と非難した。

無断転載・複製を禁じます