北帰行を前に、餌場の水田で羽ばたくハクチョウ=富山市婦中町下吉川

 5日の富山県内は高気圧に覆われて薄曇りとなり、最高気温は富山市中心部で9・9度、高岡市伏木で9・4度など2月下旬~3月上旬並みとなった。

 富山市婦中町下吉川の水田では、北帰行を控えたハクチョウが餌をついばみ、羽を広げて旅立ちを待った。

 日本野鳥の会富山によると、北帰行は今月中旬に始まり、3月上旬にピークを迎える見込み。今冬は大雪の影響により大きな群れで行動できず、県内で確認したハクチョウの数は例年の半分以下となる約300羽という。

無断転載・複製を禁じます