アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相

 【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍は1日、国軍系テレビを通じ、1年間の非常事態を宣言し、ミン・アウン・フライン総司令官が国家権限を掌握したと発表した。軍出身のミン・スエ副大統領が臨時大統領を務めると明かした。これに先立ち、国軍はアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相とウィン・ミン大統領を拘束し、クーデターを実行した。国軍などは昨年11月の総選挙を巡り不正があったと主張し、クーデターを排除しない姿勢を示すなど緊張が高まっていた。

 地元メディアや与党、国民民主連盟(NLD)の報道官が明らかにした。ミャンマーでは総選挙後初めての議会が1日に招集される予定だった。

無断転載・複製を禁じます