休業に入る最終日の営業を終え、あいさつする「山の上ホテル」の従業員ら=12日夜、東京都千代田区

 東京都千代田区の「山の上ホテル」=12日午後

 「山の上ホテル」のロビーに置かれたライティングデスクと辞書コーナー(同ホテル提供)

 川端康成や三島由紀夫、池波正太郎ら名だたる文豪が愛し、定宿としてきた東京都千代田区の「山の上ホテル」が、12日の営業を最後に休業した。建物の老朽化が理由で再開時期は未定。最終日の同日は、ロビーやレストランを訪れ、別れを惜しむ人の姿が見られた。

 1954年にホテルとして創業。出版社が多い神田神保町に近いこともあり、作家に執筆に集中してもらう「缶詰め」の現場として度々使われた。創業当時からロビーは原稿を待つ編集者らであふれていたという。

 アールデコ様式の建物は、石炭商の依頼で米国出身の建築家ボーリズが設計し、37年に建てられた。クラシックな雰囲気と静かな環境を気に入った三島は、こんな言葉を手紙にしたため、ホテルに贈った。「ねがはくは、ここが有名になりすぎたり、はやりすぎたりしませんやうに」

 食通だった池波は館内レストランの天丼をよくルームサービスで注文したという。

 昨年11月24日に亡くなった直木賞作家の伊集院静さんも20年以上前から定宿にし、取材場所に指定することも多かった。

無断転載・複製を禁じます