ドローンの5G利用解禁で期待される用途拡大

 政府は2024年度に、ドローンを遠隔操縦する際に第5世代(5G)移動通信システムの携帯電話通信網を使えるようにする。5Gは第4世代(4G)に比べ、大容量データを高速で送れる。遅延の少ない高精細の空撮映像を送信し、道路や橋などインフラの細かな破損の迅速な確認や、スポーツの臨場感のある映像撮影など用途の広がりが期待される。

 課題だった電波の混信による通信障害は、周波数帯の絞り込みなどで解消にめどが立ったとして、総務省は省令改正により5G利用を認める方針だ。4Gの携帯通信網を利用したドローンサービスは、NTTドコモをはじめ携帯大手各社が既に提供している。

無断転載・複製を禁じます