日本脳炎ワクチンの納入量の推移

 2021年に起きた日本脳炎ワクチンの供給不足により接種できなかった子どもたちが、供給が回復した22年度以降も未接種になっている恐れがあるとして、厚生労働省が注意を呼びかけている。該当するのは主に今年4月から小学1年になる17年度生まれと、6年になる12年度生まれ。最大で約200万人に上る可能性がある。

 日本脳炎は、蚊が媒介するウイルス感染症。発症すると2割以上が死亡、生存者の約半数に精神障害などの後遺症があるとされる。ワクチンの定期接種は計4回。標準的なスケジュールでは3歳で1~2回目、4歳で3回目、9歳で4回目を打つ。

無断転載・複製を禁じます