街頭で報道陣の取材を受ける香港区議会選の候補者(右から2人目)=10日、香港(共同)

 【香港共同】香港で10日、区議会(18区の地方議会)選挙の投開票が行われた。香港当局が7月、親中派に圧倒的優位な選挙制度に変更し、民主派政党が事実上、排除されたため、親中派が議席を独占。投票率は27・5%で、1982年に区議会が設立されて以来、過去最低だった。

 新制度に不満を持つ民主派支持層が投票しなかったことが影響した。反政府デモの盛り上がりを受け、民主派が議席の約8割を獲得した2019年の区議会選の投票率は71・2%で、大幅に低下した。

 政府は投票率を上げようと、関連イベントを行うなど躍起だったが、親中派の政党間の争いに過ぎず、有権者の関心は低かった。

無断転載・複製を禁じます