気象庁の庁舎

 西日本と東日本で大気の状態が非常に不安定になるとして、気象庁は11日、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょう、局地的な激しい雨に注意を呼びかけた。

 気象庁によると、11日から12日にかけて前線を伴った低気圧が発達しながら対馬海峡から東日本を進む見込み。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になる。

 発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には建物内に移動するなど安全確保に努めてほしいとしている。降ひょうの恐れもあり、農作物や農業施設の管理にも注意を呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます