クリスマスの曲などを演奏するメンバー=小矢部市のクロスランドおやべ

 北陸ゆかりの演奏家でつくるガルガン・アンサンブルの「クリスマス・コンサート」(富山新聞社後援)は9日、小矢部市のクロスランドおやべで開かれ、メンバー8人がウインナワルツやポルカなどで、約200人の聴衆を魅了した。

 第1部はチェロ、コントラバス、クラリネットなどメンバーの楽器を紹介しながら、楽しい雰囲気の「休暇旅行で」や「美しく青きドナウ」など6曲を奏でた。第2部はラヴェルの曲をおとぎ話の語りとともに繰り広げ、クリスマスソングメドレーで締めくくった。

 ガルガン・アンサンブルは「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」(北國新聞社特別協力)を機に2021年に結成された。今年1月からは金沢市の赤羽ホールを本拠地として、各地に演奏を届けている。

無断転載・複製を禁じます