来年3月に甲子園で開幕する第96回選抜高校野球大会の21世紀枠候補9校に、富山北部(北信越)が選ばれた。8日、日本高野連が発表した。富山北部は統合した水橋との連合チームで2020年に同候補に挙がって以来、3年ぶりとなる北信越地区の21世紀枠推薦を受けた。

 富山北部は今年の県大会で夏、秋と準優勝。秋の北信越大会では1回戦で東京都市大塩尻(長野2位)に延長十回タイブレークの末7―10で敗れたものの、粘り強さを示した。今大会から21世紀枠は3から2に減り、出場校は来年1月26日の選考委員会で決まる。

無断転載・複製を禁じます