新キャラクター「えなちゃん」やアオハル祭のポスターを披露する生徒=南砺市役所

 高校生が発案した企画に、南砺市が1千万円の予算を充てて実現するプロジェクト「ボクなん」に向け、実行委員の生徒3人が4日、市役所に田中幹夫市長を訪ね、12月23日に「アオハル祭inクリマスマーケット」を福野庁舎で開催することを報告した。生徒がデザインした新キャラクター「えなちゃん」やポスターなども披露した。

 新キャラクターの名称は「笑顔の南砺市」にちなんで「えなちゃん」。福野地域のキクを髪に飾り、市のマスコットキャラクター「NANTOくん」を抱え、郷土への愛情を表現した。ポスターはJR城端線やあいの風とやま鉄道線の車両に掲示する。「えなちゃん」をあしらったタオルやステッカーを販売する。

 「ボクなん」は今年3回目、今回は園児から高校生が対象のクリスマスイベントを企画した。福野庁舎の木を電飾で彩り、芸人、人気ユーチューバーのステージイベントを開催する。

 生徒からのNANTOくんグッズ製作の案に田中市長は「思いがあるのならば、挑戦した方がいい」と答え、実行委で検討する。

無断転載・複製を禁じます