高岡市は27日、新型コロナウイルスのワクチン接種で、市内の医療機関が40代男性に誤って3回目を接種したと発表した。医師による本人確認の不徹底が原因で、男性の体調に変化はない。

 市によると、男性は診療に来ていた通院患者。本来、接種すべき市内の別の40代男性を医師が診察室に呼び込んだ際、名字しか呼ばず、2人の名字が似ていたため通院患者の男性が診察室に入った。

 医師は予診の際に本人確認をせず、「コロナワクチンを打つ」と声掛けして注射した後、男性から既に別の医療機関で2回接種済みだと伝えられた。

無断転載・複製を禁じます