住居前の道路の雪を除ける住民=金沢市内

 28日朝の石川県内は冬型の気圧配置の影響で大雪に見舞われた。日中は弱まったが、夜遅くから29日昼前にかけて再び大雪になる所があり、夜までの降雪は平地でも最大40センチとなる見込み。状況次第では警報級の恐れもあるため、金沢地方気象台は交通障害や路面、水道管の凍結などに警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、28日午後4時の積雪は珠洲、加賀中津原37センチ、七尾32センチ、金沢13センチ。県が設置した積雪計では同5時、白山市の谷峠で289センチ、一里野で162センチの積雪を記録した。

 29日にかけて北陸の上空約5000メートルには氷点下33度以下の寒気が流れ込んで大気の状態が不安定となり、気圧の谷の影響を受ける見込み。28日午後6時からの24時間降雪量は多い所で平地40センチ、山地50センチと予想される。

 28日午後6時からの12時間、29日午前6時からの12時間でそれぞれ予想される降雪量は次の通り。

 ■28日午後6時~29日午前6時

 能登北部平地…10~25センチ
 能登北部山地…15~30センチ
 能登南部平地…10~25センチ
 能登南部山地…15~30センチ
 加賀北部平地…10~20センチ
 加賀北部山地…15~30センチ
 加賀南部平地…10~25センチ
 加賀南部山地…15~30センチ
 加賀南部山地(500メートル以上)…15~30センチ

 ■3日午前6時~午後6時

 能登北部平地…5~15センチ
 能登北部山地…10~20センチ
 能登南部平地…5~10センチ
 能登南部山地…10~20センチ
 加賀北部平地…5~10センチ
 加賀北部山地…10~20センチ
 加賀南部平地…5~15センチ
 加賀南部山地…10~20センチ
 加賀南部山地(500メートル以上)…10~20センチ

無断転載・複製を禁じます