雪の中、寒そうに行き交う人々=24日午前10時10分、金沢市の広坂交差点

 金沢河川国道事務所は24日午後7時、国道8号の津幡町舟橋-小矢部市桜町の延長約16・7キロ、朝日町月山―新潟県糸魚川市大字市振の同約10キロの通行止めを解除した。

 中日本高速道路も午後8時、北陸道の金沢森本―砺波インターチェンジ(IC)間、東海北陸自動車道の福光IC―小矢部砺波ジャンクション(JCT)間の上下線の通行止めを解除したと発表した。

 石川、富山両県を結ぶ北陸道、国道8号の区間は大雪のため、午後4時から同時に通行止めとなっていた。物流の「大動脈」をストップすることで、車の流入を止めて集中的に除雪し、大規模な立ち往生を回避する狙いがあった。

無断転載・複製を禁じます