朝乃山は3場所連続で11日目に黒星を喫した。幕下だった昨年の秋場所、九州場所では11日目に組まれた6番相撲で黒星を喫しており「魔の11日目」となっている。

 十両では11日目時点で1敗が2人、2敗が大翔鵬と湘南乃海、3敗が千代の国と狼雅で、優勝争いはこの6人に絞られてきた。

 土俵下で朝乃山が敗れるのを見てから土俵に上がった金峰山はこの日もきっぷのいい突き、押しで東白龍を圧倒し、10勝目を挙げた。両者が勝ち続ければ、直接対決も控えており、優勝争いが過熱していく。

 朝乃山は12日目に2敗と好調な湘南乃海と対戦する。湘南乃海とは昨年の秋場所、九州場所で対戦しており、いずれも寄り切りで勝っている。残り4日間へ向け「気持ちで負けないようにいく」と決意を込めた。

無断転載・複製を禁じます