浅野(51)ら新人選手の前で訓示する巨人の原監督(手前)=14日、川崎市

 巨人の原辰徳監督が14日、川崎市のジャイアンツ球場で行われている新人合同練習を視察し、ドラフト1位の浅野翔吾外野手(香川・高松商高)への好印象を語った。「ぴちぴちしている。スーパーボールってあったけど、そういう印象」と評価し、「一つ一つ積み立てるような見方をしながら彼を育てていきたい」と話した。

 参加している14選手に「心も体もジャイアンツの一員になるということ。体づくりをしっかりとこの期間にしてキャンプを迎えよう」と訓示した。

 浅野は小雨がぱらつく中で守備練習などに励んだ。原監督が語った印象を伝え聞き、表情を緩めた。

無断転載・複製を禁じます