公明党の仕事始め式であいさつする山口代表=4日午前、東京都新宿区

 公明党の山口那津男代表は4日、東京都内で開いた党仕事始め式であいさつし、1月下旬召集予定の通常国会で2023年度予算案の早期成立を図る考えを示した。「ロシアによるウクライナ侵略の影響で物価高が続いている。22年度第2次補正予算を執行するとともに、来年度予算案の早期成立を図らなければならない」と述べた。

 政府が新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けをインフルエンザと同等の「5類相当」に変更する方向で検討していることについては「ワクチンや薬の有効性など、さまざまな観点から検討した上で結論を出してほしい」と求めた。

無断転載・複製を禁じます