【ニューヨーク共同】年明け3日のニューヨーク商品取引所の金先物相場は3営業日続伸し、取引の中心となる2月渡しが前週末比19・90ドル高の1オンス=1846・10ドルと、中心限月の終値としては昨年6月以来、約7カ月ぶりの高値を付けた。

 景気後退懸念を背景に、比較的安全な資産とされる金に資金が流入した。米長期金利が低下したことも金利が付かない金の買いを後押しした。

無断転載・複製を禁じます