第99回東京箱根間往復大学駅伝は2、3日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの10区間217・1キロに21チームが参加して行われ、石川、富山県関係では大東文化大4年の金田龍心(黒部市桜井中OB)が復路7区を走り、1時間4分35秒の区間15位でたすきをつないだ。

 国士舘大1年の瀬川翔誠(砺波市庄西中OB)は往路3区、城西大2年の久保出雄太(小松大谷高OB)は復路7区にエントリーしていたが、当日に変更となった。国学院大4年で主将の中西大翔(金沢龍谷高OB)、立教大2年の稲塚大祐(高岡向陵高OB)は補欠に入ったまま、出番がなかった。

 駒大が10時間47分11秒で総合優勝し、史上5校目の大学駅伝3冠を果たした。

無断転載・複製を禁じます