国土交通省金沢河川国道事務所によると、23日午前8時40分から国道8号の津幡町舟橋(舟橋JCT)から小矢部市桜町(道の駅メルヘンおやべ交差点)の間の約16・7キロメートルの通行止めを、同日午後4時に解除したと発表した。午後1時半から国道8号の金沢市福久町(環状福久交差点)から白山市乾町(乾東交差点)の間の約14キロメートルを通行止めとしていたが、同4時に解除した。

 中日本高速道路によると、23日午前10時半から北陸道金沢森本インターチェンジ(IC)~砺波IC間、東海北陸道福光IC~小矢部砺波JCT間の上下線、午後1時から北陸道金沢西IC~金沢森本IC間下り線を通行止めとしていたが、午後4時現在、通行止めを解除したと発表した。

 北陸道加賀IC~小松IC間上り線は事故のため午後1時33分から通行止めとなっている。

無断転載・複製を禁じます