雪の重みで倒れ、電線に引っかかった大木=20日、輪島市西山町(ドローンから)

 新潟地方気象台によると、北陸では22日から海はしけ、23日から25日ごろに平地でも山沿いで大雪となり、平地でも大雪となる恐れがある。雪雲が同じ場所にとどまった場合、予想より降雪量が増え、警報級の大雪となる可能性も。気象台は21日、高波や大雪による交通障害、雪を伴う強風に注意警戒を呼び掛けた。

 気象台によると、22日に北日本付近へ進む低気圧が発達し、北陸の上空約5000メートルに氷点下36度以下の強い寒気が流れ込み、25日ごろにかけて冬型の気圧配置が強まる見込み。

 石川県内の24時間予想降雪量は22日正午から、23日正午からのいずれも平地20~40センチ、山地50~70センチ。波の高さは22日が5メートル、23日が6メートルで、23日の最大瞬間風速は陸海上とも25~35メートルと予想される。

  ●富山でも平地最大40センチ

 富山県内の24時間予想降雪量は22日正午からが平地20~40センチ、山間部50~70センチ、23日正午からが平地30~50センチ、山間部50~70センチ。波の高さは2~3メートルで、23日の最大瞬間風速は陸上20~25メートル、海上20~30メートルと見込まれる。

無断転載・複製を禁じます