雪が降る中、足元を気にしながら歩く人たち=金沢市の香林坊交差点

 18日の石川県内は強い冬型の気圧配置の影響で雪となり、珠洲では午後11時現在、20センチの積雪を記録した。19日も雪が降り続く見通しで、加賀の山間部では同日夜までの1日で最大60センチの降雪が予想される。同じ場所に雪雲がとどまると、警報級となる恐れもあるため、気象台は交通障害などに警戒を求めている。

【関連記事】県内各地の19日午後6時までの予想降雪量
【関連記事】能登、19日は降雪増える可能性も 平地で最大20センチ

 気象庁によると、18日午後11時時点の積雪は輪島で14センチ、七尾で7センチ、白山で7センチとなった。県が設置した積雪計では同じころ、白山市白峰の福井県境の谷峠で108センチ、一里野で53センチ、珠洲市の大谷峠で28センチの積雪を観測した。

 金沢地方気象台によると、19日午後6時までに予想される24時間降雪量はいずれも多い所で、加賀が平野部10センチ、山間部60センチ、能登が平野部30センチ、山間部40センチ。20日同6時までの24時間予想降雪量は、平地1~5センチ、山間部5~20センチとなっている。

 19日は海がしける見込みで、夕方にかけて高波や落雷、竜巻などの激しい突風にも警戒する必要がある。波の高さは5メートル、最大瞬間風速は陸上25メートル、海上30メートルと予想される。

無断転載・複製を禁じます