JR西日本金沢支社は6日、福井県内の大雨で、北陸線の敦賀―湯尾(ゆのお)駅間の6カ所で斜面崩壊や土砂流入、冠水などの被害が確認されたと発表した。復旧作業のため、9日まで特急「サンダーバード」「しらさぎ」と敦賀―武生駅間の普通列車の運転を全て取りやめる。

【詳しくはこちら】JR北陸線、1日で列車132本運休
【大雨当日】小松・梯川が氾濫 大雨で石川県内39万人に避難指示
      「このままだと死ぬ」車ごと2キロ流され、九死に一生
【写真で振り返る】大雨被害に見舞われた石川県内

 金沢―福井駅間と福井―武生駅間の普通列車は通常通り運行する。金沢―福井駅間では、9日までに特急ダイナスターを臨時で21本、8、9日には特急おはようエクスプレス、おやすみエクスプレスをそれぞれ運行する。

 10日以降の運行計画については、決まり次第、改めて発表するとしている。

 北陸線で被害が確認された場所は次の通り。

 ▽北陸トンネル福井方面出口 斜面崩壊、道床流出、土砂流入▽今庄トンネル敦賀方面出口 斜面崩壊、土砂流入▽北陸道踏切 冠水、道床流出、土砂流入▽今庄駅 冠水▽湯尾トンネル敦賀方面出口 斜面崩壊▽山王川橋梁(きょうりょう) 冠水、土砂流入

無断転載・複製を禁じます