光のトンネルを楽しむ来場者=射水市の海王丸パーク

 万葉線の沿線や海王丸パークを発光ダイオード(LED)約30万球で彩るプロジェクト「幾万の光」は5日、射水市の海王丸パークと中新湊駅―東新湊駅間で始まった。海王丸パークでは光のゲートや海王丸をデザインした装飾が並び、訪れた多くの家族連れが色鮮やかな光に歓声を上げた。

 高岡、射水両市を結ぶ万葉線の開業20周年と海王丸パーク開園30周年を記念して、地域おこし協力隊の坪井彰さんが企画した。

 点灯式では、万葉線社長でプロジェクト実行委員会の中村正治会長が「多くの人の支援があって開催することができた。幻想的な景色を楽しんでほしい」とあいさつし、夏野元志市長が祝辞を述べた。

 21日まで行われる。万葉線の沿線では光のトンネルが設けられ、車内から楽しむことができる。

無断転載・複製を禁じます