マスク姿の通勤客があふれるJR東京駅=1月、東京都千代田区

 東京都内の企業に勤務する人に理想の出社頻度を尋ねたところ、週3日以下との答えが7割を占めることが野村総合研究所(東京)の調査で分かった。新型コロナウイルス禍に伴う外出制限が影響し、働き方の基準に対する意識が様変わりしたことがうかがえる。

 今年2月、都内の従業員300人以上の企業に勤める20~60代の男女3207人にインターネットを通じて聞いた。

 理想の出社頻度の設問に対し、週1日未満の答えが31・4%で最も多い。週3日が16・6%、週2日が15・0%だった。週1日は11・3%。

 毎日出社(週休2日制)が理想という人も16・9%いた。

無断転載・複製を禁じます