フィギュアスケート男子で2014年ソチ、18年平昌両冬季五輪王者の羽生結弦(27)=ANA=が19日、東京都内で記者会見し、「まだまだ未熟な自分だが、プロのアスリートとしてスケートを続けていくことを決意した」と競技の第一線を退く意向を表明した。

【会見動画2】 羽生結弦「4回転半成功させたい」

 今後は五輪などの競技会に出場せず、アイスショーに軸足を移すことになる。羽生は「これからは自分のことを認めつつ、自分の弱さと、そして過去の自分とも戦い続けながら滑っていきたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます