1日、ウクライナとロシアの部隊が激しく交戦、立ち上る煙=ウクライナ東部リシチャンスク(ゲッティ=共同)

 ウクライナ東部ルガンスク州リシチャンスクで、攻撃を受け破壊された建物の前を歩く人=6月(ロイター=共同)

 【キーウ共同】ロシアが完全掌握を目指すウクライナ東部ルガンスク州で、ウクライナ軍の最後の防衛拠点リシチャンスク市を巡り、親ロシア派「ルガンスク人民共和国」部隊のマロチコ報道官は2日「市政を完全に支配下に置いた」と主張した。一方、ウクライナ国家親衛隊の幹部は地元メディアに「周囲で激戦が続いているが、市は包囲されておらず、ウクライナ軍の支配下にある」と語った。

 ロシアは東部ドンバス地方(ルガンスク、ドネツク両州)の全域支配を目指しており、リシチャンスク市を陥落させてルガンスク州全域を制圧すれば、ドネツク州への攻勢を強めるとみられる。

無断転載・複製を禁じます