石川県は1日、147人が新型コロナウイルスに感染し、療養中の1人が死亡したと発表した。高齢者施設で県内196例目となるクラスター(感染者集団)が確認され、利用者や職員計15人が陽性となった。県モニタリング指標では病床使用率が9・9%(50床)、週の新規感染者が767人、経路不明者が537人と3項目で増加した。

 新規感染者のうち105人が経路不明で、1人が中等症。年代別では10歳未満が33人と最多だった。

 1日に自治体などが発表した感染者は次の通り。

 ◇金沢市▽市役所第2本庁舎職員1人▽泉野図書館職員1人▽10市立学校の児童生徒15人

 ◇七尾市▽公立能登総合病院の入院患者1人(一部病棟の新規入院と退院停止)

 ◇小松市▽市立学校の子ども10人

 ◇輪島市▽輪島消防署の30代男性職員1人

 ◇かほく市▽市立高松こども園の園児1人(7日まで一部登園停止)

 ◇能美市▽市立学校の子ども3人

 ◇野々市市▽1保育施設園児5人

 ◇内灘町▽町立学校2校の子ども2人

無断転載・複製を禁じます