28日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=135円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比69銭円安ドル高の1ドル=135円75~76銭。ユーロは68銭円安ユーロ高の1ユーロ=143円68~72銭。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを急ぐとの観測が高まり、日米金利差の拡大を意識した円売りドル買いが優勢だった。月末を前に国内輸出企業による実需の円買いが目立つ場面もあった。

 市場では「米国の景気後退への懸念が拭い切れず、積極的なドル買いにはつながりづらい」(外為ブローカー)との声があった。

無断転載・複製を禁じます