北海道電力ネットワークは27日、29日の電力需給が逼迫する可能性があるとして「需給逼迫準備情報」を出した。電力を融通し合う広域的なエリアのうち、東京電力管内で冷房などの電力需要が増加するとの予想を受けた措置で、北海道電力ネットワークが準備情報を出すのは初めて。

 電力の余力を示す予備率が5%を下回ることが予想される場合、2日前に節電の準備を利用者に呼びかける仕組みに基づき準備情報は出される。

 北海道を含む広域的なエリアの予備率は29日午後4時から4時半の間で4・2%、午後4時半から5時の間で4・1%と予想されている。

無断転載・複製を禁じます