気象庁によると、27日に梅雨明けした九州南部、東海、関東甲信の梅雨の期間は、いずれも統計がある1951年以降、最短となった。

無断転載・複製を禁じます