厳しい暑さの中、マスク姿で歩く人たち=27日午前、JR東京駅前

 東海地方が梅雨明けしたとみられる27日、日傘を差して歩く人=静岡県熱海市

 気象庁は27日、九州南部、東海、関東甲信で梅雨明けしたとみられると発表した。関東甲信は統計がある1951年以降、最も早く、6月の梅雨明けは2例目。東海と九州南部は過去2番目の早さ。

 気象庁によると、九州南部は平年より18日早く、東海と関東甲信はいずれも22日早い。昨年に比べると九州南部は14日、東海は20日、関東甲信は19日早い。梅雨の期間は3地方いずれも過去最短だった。

 関東甲信はこれまで2018年6月29日が最も早かった。

 気温は連日、全国的に上昇傾向で、27日も午前中に群馬県桐生市で36・3度を観測するなど6月としては異例の暑さとなっている。

無断転載・複製を禁じます