兵庫県尼崎市の全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリーが一時紛失した問題で、市から業務委託された情報サービス会社「BIPROGY(ビプロジー)」が協力会社に業務の一部を再委託する際、市の許可を得ていなかったことが27日、市やビ社への取材で分かった。

 市などによると、ビ社は新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金支給事務を受託。契約書では業務を別の業者に再委託する場合は市の許可が必要だが、今回は得ていなかった。

 飲酒してメモリーを紛失した人物についてビ社は当初、協力会社の社員と説明していたが、26日に協力会社の委託先の社員と訂正した。

無断転載・複製を禁じます